秋葉原あんしん通販
秋葉原あんしん通販
ソフマップ・アニメゲーム情報最前線










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事がお役に立ちましたなら、クリックお願いいたしますm(_ _)m。(FC2ブログランキング)
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

○ 2008/01/25発売 オーガスト 「FORTUNE ARTERIAL」 レビュー 

FORTUNE ARTERIAL 初回版
(2008/01/25)
オーガスト


オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★★(8/10)

攻略状況:100%

所感
シナリオ
このゲームには全キャラをクリアすると出現(瑛里華ルートから派生)するTRUE STORYが存在します。TRUE STORYでは瑛里華がヒロインとなり、物語の核心が語られます。
キャラごとのシナリオでは(一部を除いて)その部分は隠されていますので、好きなキャラだけクリア、だと中途半端に感じてしまうと思いますので、是非、全部をクリアしてください。

個人的な感想として、起承転結のうち、承転結の部分には納得してます。ですが、“起”の部分がちょっと引っかかりました。ある人物の単なる思い違いから始まり、それに殉じてきた○○家は友達思いというか、かわいそうというか・・・。(ここでは一応伏せておきます)

システム
SAVE欄は10個×8ページ、Quick SAVE×3と数は十分あります。またSAVE時の画面キャプチャに加えて、誰のルートなのかが表示されるので、非常に使いやすいと思います。通常のゲーム進行はとても快適ですよ♪
CG鑑賞モードがキャラ別になっていなかったのが少し残念。単にページで分けられているだけなので、目当てのCGが探しにくいかもしれません。


オススメ攻略順
今回はだんだんと核心に近づいていくような攻略順を挙げてみます。

かなで→陽菜→瑛里華→白→桐葉

特に かなで→陽菜 の順番と、
瑛里華の後に桐葉を持ってくるところをこだわりたいと思います。

私のPLAY時の攻略順は
かなで→瑛里華→陽菜→白→桐葉
でした。


好きなキャラ
NO.1 桐葉
最初はそんなに気にしてなかった(攻略も最後でした)のですが、攻略後に一気にトップに躍り出ました。
NO.2 伊織&征一郎
主人公が毎日のように訪れる監督生室、そこで流れるBGMとこの二人はとてもマッチしていると思います。重要な情報を握っている二人なので、後半になるほど登場が楽しみになりました。TRUE STORYのクライマックスではこの二人の意外(?)な関係が明らかにw
NO.3 陽菜&白
どちらも基本的には穏やかな性格なのですが、怒ったときの表情がとても可愛いです。そんな理由でランクイン。

ちなみにPLAY前は
NO.1 かなで
NO.2 瑛里華
NO.3 白
だったのですが、大きく入れ替わってしまいました。
かなでさんや瑛里華が嫌いになった、というわけではなく、実際にゲームをやってみるとそれらを上回るキャラがいた、ということで。


好きなシナリオ:
NO.1 桐葉
NO.2 白
キャラ別シナリオにおいては瑛里華、白、桐葉の3人のシナリオが核心に関わる部分が多い、ということで一生懸命読んでいたような気がします。ただ、瑛里華シナリオは結末がある意味バッドエンドのような印象でしたので外してみました。瑛里華にはTRUE STORYがあるので、仕方ないと言えば仕方ないのですが・・・。


『FORTUNE ARTERIAL』キャラクター人気投票開催、期間は2008年4月9日~18日まで。



以下ネタバレ注意
それぞれのルートに関する感想を書こうと思ったのですが、何かあらすじみたいになってしまいました。
まだクリアしていない人はゲームの楽しみを損なうものと成り得ますので早めに閉じてくださいね。


瑛里華
彼女の母親である伽耶には血を吸うことと、眷属を作ることを要求されています。眷属とは吸血鬼の血を飲ませることで出来る、不老不死&主の命令には絶対服従な存在。
母の要求には従う気のない瑛里華でしたが、伽耶には眷属を作る期限を切られます。期限だけでなく、好きになった人の血を求める衝動が彼女を襲い、遂には孝平から離れ、館に戻ります。
・・・が、瑛里華を助け(?)に伽耶の元へ乗り込んできた孝平が瀕死の状態になり、彼を救うために自分の血を飲ませて眷属に・・・。そして孝平の血も吸ってしまいます。
バッドエンドですよねぇ、これw TRUE STORYが後に控えているからこんな結末になっているのでしょうか。



この島での権力者であり、厳格な家系の本家に生まれた征一郎と白の兄妹。
征一郎は父親を始めとした先祖を理想として精進を重ね、
白はそんな兄を尊敬し、従っています。
しきたりに沿って許婚と結婚する運命にあった白が、
孝平と共に生きていく道を選び、征一郎と対立することになります。
対立状態にある中、二人で舞を踊る場面、白がかっこよく見えました。
最後は征一郎の提示する妥協案により和解しますが。格式のある家柄だと大変なんだなぁ、と・・・。
この時点ではまだ東儀家の役割が明らかになっていないため、そんな感想でした。
征一郎が調子悪そうにしている場面を覚えておくといいかもしれません。


桐葉
この物語のキーマン(?)ですが、このルートではその片鱗が見えませんw
単にやる気がないのだと思われていたサボリ癖の謎が解けます。
勘のいい方だと、瑛里華ルートのラストで「ああ、そう言えば」と思うのかもしれません(私は思わなかったのですがw)。
長い時を生き、一見意味のない命令に従い続ける彼女ですが、最終的にはそれから解放されることになります。
ここでは伽耶と桐葉の関係は絶対的な主従関係に見えます。


かなで
大きく分けて、姉妹間での孝平の譲り合い、そして寮生の思いを叶えてきた穂坂ケヤキを巡る物語。
孝平のことが好きな姉妹間で奪い合いが起こるのではないのがこの姉妹の美しいところですね。
寮長かなでが先代の寮長から受け継いだ、現在ではほぼ枯死している穂坂ケヤキ。孝平との奮闘虚しく伐採されてしまうわけですが、最後はベンチ&キーホルダーとなって蘇りますw
途中で新芽が出てたから、そこだけ植え替えて新たな穂坂ケヤキを~って展開を予想したのですが、裏切られてしまいました。
単にベンチにしただけだとカビが生えるよな・・・とか思ってたらちゃんとニスを塗ってました。ぬかりないですね。
後、穂坂ケヤキを植えたのはあの人・・・切るのは辛かったでしょうね・・・。


陽菜
かなでルートよりも姉妹の過去が詳しく語られます。昔はお互いに嫌いあってたけど、本音をぶつけあって仲良くなった、と。
一度ケンカをしてみると、相手の本性がわかるので付き合いやすくなる、という経験はありませんか?社会人になると表面的にうまくいく方向を選択してしまいますが・・・
メインはかなで寮長の歓送会(のはず)。
シナリオ的にはごく普通でした。
しかし、それを補って余りある陽菜の可愛さw 声も最高でした。


瑛里華 (真)
一気にほとんどの謎が解けるTRUE STORY。ここまで引っ張る意味もなかったのですが、実は(?)瑛里華ルートですw
いろいろな事実が出てくるので、時系列で整理してみました。
(※が付いているものに関しては、大体このあたりだろうとの推測によるものです。)

  • マレヒト(=穢仁)、異国にて人間を吸血鬼に変える珠(=紅珠)を作り、吸血鬼となる。この珠で吸血鬼になると、「親しい人の血を吸いたくなる」衝動に駆られる。さらにその衝動が極限に達すると「親しい人を眷属にしたくなる」。
  • マレヒト、国を追われて珠津島に来る。
  • マレヒト、東儀家の姉妹と親しくなり、姉との間に子(=伽耶)を設ける。
  • 珠津島に疫病が流行り、異人であるマレヒトが原因として疑われ始める。
  • マレヒト、伽耶が寂しくないように、と彼女に家族(?)を作るため、人間を吸血鬼に変える珠を再び作る。材料の違いのせいか、青くなる(=蒼珠)。数は2つ。東儀家に伽耶を託し、伽耶の友人を提供することを望む。
  • マレヒト、伽耶に「友人を作り、血をもらえ」と言い残す。
  • マレヒト、疫病の原因としての罪をかぶり、胸の紅珠を突き刺し、千年泉に飛び込む。紅珠は破片となって飛び散る。

  • 伽耶の元々の友人、桐葉、伽耶の眷属となる。
  • 伽耶、東儀家(のどこか)で生まれた子供に蒼珠を飲ませ吸血鬼にする(=千堂家長男、伊織)。
  • 伽耶、家族の吸血鬼の狩場として修智館学院を創立。
  • 伊織、修智館学院に入学する。※
  • 伊織、志津子の母と恋仲になる。※
  • 伊織、伽耶の策略により志津子の母の血を飲んでしまう。→志津子の母の記憶を消し、伽耶を憎み始める。※
  • 伽耶、東儀家(のどこか)で生まれた子供に蒼珠を飲ませ吸血鬼にする(=千堂家次男)。
  • 伽耶、千堂家次男を殺害。蒼珠を抜き取る。
  • 伽耶、東儀家(のどこか)で生まれた子供に蒼珠を飲ませ吸血鬼にする(=千堂家三男)。
  • 伽耶、千堂家三男を殺害。蒼珠を抜き取る。
  • 伽耶、東儀家本家で生まれた子供に蒼珠を飲ませ吸血鬼にする(=千堂家長女、瑛里華)。
  • 東儀家本家、瑛里華に紅珠の欠片を飲ませる。

  • 孝平、珠津島に引っ越してくる。
  • 孝平、悠木かなで&悠木陽菜と知り合う。
  • 孝平、千年泉で泳ぐ(紅珠の欠片を体に取り込む)
  • 孝平、珠津島から出て行く。

  • 瑛里華、陽菜と知り合う。
  • 瑛里華、事故に遭いそうになった陽菜を救う。そのとき吸血鬼の身体能力を目撃されたため、陽菜の記憶を消す(孝平のことも忘れる)。

  • 伊織&征一郎&かなで、修智館学院に入学する。
  • 瑛里華&桐葉&陽菜、修智館学院に入学する。
  • 白、修智館学院に入学する。
  • 孝平、再び珠津島へ。修智館学院に転入する。

  • 伊織、恋愛による不安の先に何があるかを知りたいがため、瑛里華と孝平を親しくさせるよう仕向けたことを告白する。

  • 孝平、紅珠の欠片を飲む。→マレヒトの記憶の中で日記を読む。
  • 瑛里華、孝平に襲い掛かり、自分の血を飲ませようとする(眷族にするため)
  • 孝平&瑛里華&征一郎、紅珠によって眷属になった者は、親しい人物が出来ると別れの不安を感じ、限界を超えると眷属にしたくなる、との予測を立てる。
  • 孝平、再び紅珠の欠片を飲む。→マレヒトの記憶の中で日記の続きを読む。

  • 孝平&瑛里華&征一郎、伽耶の元へ向かう。
  • 伊織、三人の前に現れる。→伊織が伽耶と仲違いをしていたのは、東儀家への矛先をそらすためだったと判明。
  • 伊織、征一郎に「今夜一晩、東儀家の人間を守れ」と命令。征一郎、その場を去る。その後、伊織も立ち去る。去り際に伽耶が瑛里華を大切に思っていたことを告げる。
  • 孝平&瑛里華、伽耶と対峙する。

  • 伽耶、瑛里華の蒼珠を消す。(伊織は拒否)
    と大体こんなところでしょうか。

    結局のところ、
    マレヒトが、自分にあった「親しい人を眷属にしたくなる衝動」が伽耶にもあることを危惧し、
    それを抑えるための「友人を作り、血をもらえ」との遺言(と言っていいのかどうかわかりませんが)。
    その意味を、そもそも衝動を受け継いでいなかった伽耶が誤解していた、というのが事の発端のようです。

    最後はとりあえずめでたし、めでたしですが、いくつか問題も残っているようです。

    特に東儀家には、伽耶を原因として
    征一郎・白の両親は人形のようになってしまい、
    代々の人たちは眷属にはなったが気に入らなかったという理由で殺されてしまった
    という悲惨な事実があるわけですが、これも伽耶が幸せになることで報われるのでしょうか。
    スポンサーサイト



    記事がお役に立ちましたなら、クリックお願いいたしますm(_ _)m。(FC2ブログランキング)
    [ 2008/04/24 12:42 ] ○ PCゲーム | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gatuckzector.blog54.fc2.com/tb.php/377-8a4782c0






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。